沖縄県警備業協会

会員のメリット

 

 1 対外的信用が得られます。

 公認の協会に加盟していることにより、ユーザーをはじめ警察、消防、労基署その他関係官公庁等の信頼を受け、対外的信用が一層高められます。

 2 営業活動にプラスになります。

 協会が、ユーザーやその団体、官公庁等に対して、協会加盟員と警備請負契約をするよう広報活動を行っておりますので、顧客獲得のための営業活動に プラスとなります。

 3 各種情報が豊富に得られます。

 (1)官公庁、ユーザー等からの情報が得られます。

 協会は、県警察、沖縄労働基準局等と緊密な連携につとめており、これら官公庁の指示、指導事項、関係情報の外ユーザー団体等からの情報について 、各会員に速やかに伝達するようつとめておりますので、経営上プラスとなる情報が得られます。

 (2)同業他社との相互理解を深め情報が得られます。

 協会の活動、委員会活動に参加することにより、同業の仲間として相互理解が得られ、他社から企業経営上の参考となる情報が得られます。

 (3)機関誌からの情報が得られます。

 沖警協機関誌「沖警協だより」が年4回、全警協機関誌「セキュリティタイム」が毎月会員に配布されますので、業界の動向その他関係情報が得られます 。

 4 警備員教育を低料金で受講できます。

 協会では、警備員の検定に係る指定講習のための予備講習を行っており、受講料を一般より安い会員料金としております。

 5 各種研修会等に参加できます。

 協会では、経営者及び経営幹部研修会、各種講習会、懇親会等を行っておりますのでこれらに参加することができます。

 6 各種教本、出版物、教材等を低料金で購入できます。

 協会事務局では各種教本、参考図書、ビデオ等の教材を一般より安い会員料金で販売しておりますので利用できます。

 7 各種申請届出書類の無料配布を受けられます。

 協会事務局には、警備業法上の各種申請、届出書類を整えてあり会員には無料で配布し、記載容量の説明も行っておりますので気軽に利用できます。

 8 表彰が受けられます。

 協会では、優良警備員表彰をおこないます。

 9 関係向に対する業界の意見、要望をアピールすることができます。

 

警備業者一人ひとりでは、その発言にも権威がありませんが、業者が協会一本にまとまることにより、業界の意見や要望をユーザー、その団体や官公庁  等に要望、陳情することにより強力にアピールすることができます。

 

 10 協会の経費と入会金、会費

 協会を運営する経費は、会費、入会金、事業収入、寄付金等を財源としております。

 入会金、会費の額は次のとおりです。

 入会金   50,000円
 会費は、  月額25,000円
 (全警協、九警協会費を含む)
 賛助会員 年額60,000円

 入会金及び第1回目会費は現金あるいは協会口座へ振込みお願い致します又、2回目以降の会費につきましては自動口座振替手続きをしていただきます。毎月10日の振替になります。ただし、10日が土・日曜・祝祭日の場合は休日明けの銀行開店日となります。

 11 入会の手続き

 入会申込書に添付する書類は次のとおりです。

  1. 会社定款の写し
  2. 現在事項全部証明書の写し
  3. 代理人を定める場合は代理人届
  4. 警備業法第4条の規定に基づく認定証の写し、又は同法第9条の規定に基づく営業所の届出書の写し
  5. 複数会員の推薦状
  6. 誓約書
  7. 直前1年間の法人税及び所得税納税証明書
  8. 警備員に対する労災保険、雇用保険、健康保険等の加入状況証明書
  9. 警備業者賠償責任保険加入証明書

 理事会で入会が承認されましたら、事務局から入会申込者にその旨を通知し、入会金、会費の納入等以後の手続きについてご案内いたします。

 

 印刷用PDFファイル

 

Adobe Acrobatが必要です。)

  入会申込書(PDF)

  代理人届(PDF)

 推薦状(PDF)

 誓約書(PDF

 

 

トップに戻るtop